脂肪肝改善の第一歩!毎日の食事を見直そう

脂肪肝の改善は難しくありません。そもそも肝臓は再生能力が高い臓器です。また、肝臓脂肪は付きやすい反面、落ちやすいという特徴もあるからです。

だからといって、放置すると悪化は免れません。治療が簡単なうちに、しっかりケアすることが大切です。まずは、脂肪肝の改善に欠かせない、食生活を見直していきましょう。

肝臓に中性脂肪が過剰に蓄積している状態が脂肪肝です。脂肪肝と指摘されてショックを受けているかもしれませんが、脂肪肝の改善はさほど難しくないため、あまり悲観する必要はありません。

肝臓はもともと脂肪を出し入れする貯蔵庫のようなものです。入ってくる量が出ていく量を上回っているため、脂肪肝になってしまっているのです。ですから、食事に気を付けて入ってくる量を減らせば、肝臓内の脂肪は自然と減らすことが出来ます。

脂肪肝に効く食事法

脂肪肝を治すのに特別な治療法や、薬の服用は必要ありません。脂肪肝の原因の多くは、食生活とお酒によるものです。そのため、食生活を見直すことが、治療の第一歩となります。

具体的には、以下に気を付けて食事をするとよいでしょう。

  • お酒を控える
  • 過剰なカロリー摂取を防ぐ
  • バランスのよい食事を心がける

お酒を控える

肝臓に負担となるものとして、真っ先に挙げられるのがお酒です。特に、アルコール性脂肪肝の場合は、飲酒量を控えることが改善のための最重要課題となります。

また、非アルコール性脂肪肝の場合でも、やはりアルコールは控えるべきです。アルコールは肝臓に負担をかけてしまうだけでなく、肝臓に脂肪を付きやすくしてしまうからです。

過剰なカロリー摂取を防ぐ

脂肪肝の改善には、摂取カロリーにも気を付ける必要があります。

まず、食べたものは、全て一度肝臓を経由して処理されるので、食事量が多いと、それだけ肝臓の負担となります。また、高カロリー食は、ダイレクトに肝臓の脂肪蓄積の原因です。

通常のダイエットと同じように、脂肪肝の改善にはカロリーを抑えた食生活が求められます。

食べる量を減らす

極端に食事量を減らす必要はありません。行き過ぎたダイエットは、低栄養性脂肪肝をもたらす原因となるので、逆効果です。

まずは、ご飯を一口分減らしてみる。これだけでも、仮に1年続けると、約3.8キロの脂肪を落とすことができると言われています。

また、よく噛んで食べることも大事です。噛むことで消化を助けるだけでなく、満腹感を感じやすくなり、食べる量を減らすことができます。

夜遅く食べない

食べてスグに寝るという食生活は、肝臓に脂肪がつきやすくなります。なるべくカロリーの高いものは朝や昼の早い時間に食べて、夜はできるだけ軽く済ませるのが理想です。

食べる順番に気を付ける

「食べる順ダイエット」も脂肪肝に効果がある食事方法です。食事の際に、まず野菜を食べ、次に魚や肉類、最後に炭水化物を食べるようにします。

こうすることによって、脂肪や糖分の吸収を抑えられます。結果として、同じものを同じ量食べても、肝臓に脂肪を付けにくくすることが出来ます。

甘いものを食べ過ぎない

脂肪というと油や脂質が原因だと考えがちですが、摂り過ぎた糖質も、中性脂肪として肝臓に蓄えられます。そのため、糖分の多いものは、なるべく控えることが大切です。

ジュースなどの甘い飲み物を好んで飲んでいる場合は、まずそこから減らしていきましょう。緑茶やコーヒー(無糖)に置き換えるだけでも、糖分を抑えることが出来ます。

バランスのよい食事

脂肪肝対策では、バランスの良い食生活を心がけることも大切です。食べる量を減らすことも重要ですが、炭水化物を食べなかったり、肉を食べなかったりといったバランスを欠いた食生活は逆効果になります。

バランスの悪い食事は、かえって肝臓に負担を与え、脂肪肝を悪化させるだけです。あくまでも、バランスの良い食事をとりながら、量を少し減らすようにしましょう。

良質なたんぱく質を摂る

たんぱく質は健康にとって欠かせません。大豆製品(豆腐、納豆など)、魚、鶏のササミといった脂の少ない、良質なたんぱく質を多めに摂るようにしましょう。

果物の食べ過ぎに注意

果物は基本的に身体に良いものですが、脂肪肝にとってはあまり良くありません。

果物には果糖が多く含まれています。この果糖というのは、血糖値は上がりづらいのですが、中性脂肪になりやすいという特徴があります。

糖質の取り過ぎがよくないのと同じように、果糖の摂り過ぎもよくありません。毎日フルーツを食べる習慣がある人は、脂肪肝が改善するまでは控えるようにしましょう。

継続が大事

肝臓脂肪はつきやすく、落ちやすいのが特徴です。正しい食生活と適度な運動を心がければ、脂肪肝の改善は難しくありません。

しかし、一度治ったからといって、暴飲暴食をすれば、またスグに脂肪肝に戻ってしまいます。わずか数週間の暴飲暴食でも脂肪肝になる可能性があると言われています。

脂肪肝を治すためには、脂肪肝にならないような生活を維持し、習慣にするしかありません。そのためにも、反動が出るような無理な食事の減らし方はせず、継続できる内容であることも大切となります。

あまり無理な計画を立てると続きません。

毎日お酒を飲む人は、それを週5回に減らす。普段のご飯の量を2/3に減らす。といったところから始めると良いでしょう。

ページの先頭へ